2019年3月18日月曜日

足立より


3月16日(土)

 卒業旅行の引率で昨日から龍神が不在です。平和でぇ~す(笑)今日は、のんびり補習をしました。

新中1英語:

 アルファベットの演習からローマ字の表記に移りました。課題を出しては次の時間には必ず小テストをして、不合格者は再テスト、それでダメなら補習で追い込んでいます。小5、小6から足立英語を習ってくれている生徒たちの概ねは、スムーズに課題を消化してくれますが、英語の読み書きはほぼ初めての新入生たちは苦戦を強いられています。それを見越して、彼らが土曜日に出てきてくれるのはとてもありがたいのです。団体授業中では全員を細やかに見るのは難しいです。でも、補習ではマンツーマンで見られるので、それぞれにそれぞれの注意をしてやれます。

 最近は、我が塾OneSelfのあり様がご近所さまによく伝わっているようで、正直、気のない子や根の弱い子はやってきません。逆に言えば、OneSelfに通うと決めて来てくれる子は、気持ちもあれば根性もあります。例えば、NA。一見、線の細いタイプですが、私の猛烈なものの言いようにくじけません。次に呼び出したときには、修正できています。家で勉強してきたのが分かります。例えば、NM。彼女もおっとりには見えますが、続く補習では根性を見せています。もう一回、もう一回とプリントを突っ返されては、1つずつ確実に前進しています。例えば、FI。初の居残りは、真横で中3の先輩が怒鳴り散らされている状況でしたが、ビビリながらも凜としていました。英語の素地もあるようで、修正が実に速く済んでいます。飲み込みも速く利口です。女子は生真面目でプライドがありますね。「できない」と思われるのが嫌なのでしょうね。頑張ってきます。

 男子はゆるやかに見えます。勉強に手段がまだないようで、だから、やらないというよりは、何をどうすればよかったのか分からなかった、というタイプがちらほらいます。「覚えてこい」という宿題にどう対応するべきか、はやく自分流の答えをもってほしいものです。集中力があれば、眺めているだけでも覚えられますし、声を出して何度も言う人もいますし、書いて書いて書きまくる人もいますよ。

 ところで、最近はYSSDがおもしろい。筆記体に興味をもったようです。ここ2週の土曜日は、補習の内容が終わると、筆記体を教えてくれとせがみます。先週は自分の名前、今日は「コカコーラ」と「ワンセルフ」でした。ノートに見本を書いてやると、それはそれは凄い集中力で練習するのですよ。このきっかけが、英語への探究心に変わってくれるといいなぁ~