2019年7月29日月曜日

足立より~最近の出来事~

 
夏期講習会
  英語科・塾リンピック速報&授業レポート written on 7月27日 Sat.

○7月22日(月)
  小5国語:各校の林間学校が重なって、MTとマンツーマン。先週は「海の日」にて
お休みだったため、2週間ぶりの国語。講習会中は漢字の課題を持たされて、
必ず漢字テストがあるよと説明したのだけど、お忘れだったようす…残念な
スタートとなりました。次回から期待しています。
  中1英語:塾リンピック満点⇒NRHAHKSMSMSEFNOAMSMA
      の10名。300点満点の金メダリストを目指せ。
       授業は、名詞の複数形のsesの発音にこだわり中。これからの英語はグ
ラマーに偏ることなく、読む・聞く・話すが必要です。理解と慣れの両面か
ら攻めるわよ~ン!
  中1理科:「物質」がクライマックス。演習を終えました。小テストで締めたいとこ
ろ。しかし、残念ながら、分類や密度とは相性が悪そう…満点は、HA
MAの2名のみ。大多数に課題を残すところとなりました。
  中3英語:塾リンピック満点⇒NMSSIAの3名のみ。さあ、受験生諸君。己の基礎力不足の現状を知り、即、対策せよ!
○7月23日(火)
  小6英語:私の担当の中で、最も熱い学年です。単語をたくさん言えるようになろう
と始めた「フラッシュカード・40」に、皆がこぞって挑戦中。授業は本来
1時間なのですが、その前後に自習勉強をするものだから、ほとんどの子が
2時間近くおります。さて、でも、約束の終了が迫っています。課題⑥は
「形容詞・副詞」で、中学生にとっても難題ですが、ONMNFRの3名
がクリアーしています。あとは、⑦と⑧!ゴールしてほしい!!
  中3理科:物理が進行中――「運動と力」は大事な単元で、演習に時間をかけてきま
した。流石に、動きます。「仕事の原理」です。これも、絶対的な理解をさ
せたいと、私は息巻いていますが……
中2英語:この夏は、三好は中3英語を担当します。よって、中2英語は私、足立。
      塾リンピック満点⇒YATHFHHYTHTKKROMKHFR
      HKMAKHTMMKSYMMNHEAKYMWSKOM
      KKUTSK
○7月24日(水)
  小5英語:単語の読み書きに専念しています。時間をたっぷりかけたいところです。
今日あたりには、NYが訴えるところのフォニックスに反応し始めました。
そうです、「知らない英語の字でも、読める」のが目指すべき英語力です。
  中2英語:塾リンピック満点⇒THHYTHTKKROMMAKHTM
                      MMEAKYSKUTNH、以上。3つ目の助動詞[must]の2限目。
       否定文と疑問文、返事の文における注意事項を解説。さあ、注意力の要るこ
      とだと、分かったかな?
  中2理科:化学から「定数比」の演習に区切りをつけ、本日から「電流」です。回路
      図をかかせました。おおむね、できます。スタートとしてはひと安心。
  中3英語:塾リンピック満点⇒IA、のみ。復習をしているとは思えないッ!!と、厳
しくエールをおくります。
○7月25日(木)
  中2理科:電流計と電圧計の針の読み取りは、少々厄介です。数直線の1目盛りが、
      いくつなのかをしっかり確認してなぁ。
  中3理科:「仕事の原理」が飲み込めたという顔、3分の1。まだまだ苦しんでいま
すね。
○7月26日(金)
  中1英語:塾リンピック満点⇒NRSNHANMNWSENROAMY
MSMA、以上。授業は、しぶとく発音の演習後に、someanyの使い方
を解説。さて、名詞の複数形の小テストに、見事全員がひっかかってくれま
した。明日の土曜日に補習です。
  余談…小6のフラッシュカードのテストは、算数・国語の金曜日にも受けることがで
     きます。今日、4人が声をかけてきて、難関⑥をYJOYが突破しました。
○7月27日(土)
  中3特進英語:なかなかの物量で押し込み中。今年の中3生は、ごゆるりと構えてら
っしゃって(嫌味ですよ!)特進英語のスタートが例年に比べて超ド級
に遅いスタートとなりました。毎年のボリュームで言えば、受験までに
お伝えしたいことはもはや及びません。君らが「どこまでやるのか」が
課題ですね。
  中1英語補習:「土曜日の足立の補習にようこそ~ さあ、いつものジ♪ゴ♪ク♪の
        始まり始まりぃ~」と言って、もはやクスッと笑うゆとりがあります。
        頼もしく、逞しくなりました。では、遠慮なくと、ガンガンに攻めまく
        りまして、終了ごろの出来栄えであり、皆のレベルは感心するほどでし
        た。この理解なら、2学期も十分に期待できます。単語をしっかり押さ
えて、「100点取ってこい!」と言えます。
  余談…第3回五ッ木の模試の結果が届きまして、個人データお渡ししました。思うと
ころがあるのが本当ですよ。例えば、今月半ばにテストを受けて、自己採点し、
不甲斐なさにおののいてか、その日からYYは学校が終わると即、塾で勉強して
います。夏休みに入ってからは、私の出勤時刻より早くに来ています。彼女には
模試はよい刺激だったのですね。