2020年4月18日土曜日

足立より


●ご案内
 20年記念にささやかなことを思いつきました。日頃、裏面が白紙の廃紙は教材プリントの一部に利用していますが、ご所望くださる方に廃紙でよろしければ「無料教材」を差し上げようというものです。
今はお試しに、「小学低学年向き(3・4年生対象)」「小学高学年向き(5・6年生対象)」のものが用意できています。元々は私がやっておった国語の教材で、頭の体操的な、言葉あそびのものを中心に数種類を組みました。お出かけが自粛されています折り、ご自宅で退屈するお子さまのお勉強の足しにいかがでしょうか?最近に、塾生の小3と小5には宿題として配布済みですので、それ以外の学年の方にお分けできればと思っています。むしろ、塾生でないご兄弟、ご姉妹、お知り合いのお子さま方からお望みいただけたらと思って作りました。
 数に限りはありますので、ご興味がありましたらお早くお声がけください。足立まで。

4月17日(金)
中3は「チームA」。全員強制参加で、今日がまだ2回目という生徒さんにメッセージです。2時間半を如何に有意義に過ごすか、その答えとなる自分流を見つけてほしいと思っています。「出来る人」は高校生時分にはそうしたものを確立していて、自己のコントロール能力が高いものです。急激にそうなることは難しくても、そうならねばならないということを知って、目指してほしいと思っています。このことは「勝ち組」の必須です。
中2は、現行の時間割にて久しぶりの理科でした。(ああ、教えに教えてきた『消化』は覚えておるのだろうか、不安…)されど、先に進まねばなりません。今日は「呼吸系」のお勉強。D君に「きみの肺はどこにある?」と尋ねました。みぞおち付近を右手で示しました。クラスが動揺しました ( ´艸`)  S君は物知りです。クラス一の雑学王かもしれません。今日は、横隔膜やユーロを答えてくれました。これでいて勉強に欲があればなあというのが玉に瑕 ( ´艸`) 理科にゆとりがあったので、三好の邪魔にならないよう、英語の補習的な授業も展開しました。標準の皆さんに「スピード」という課題を突き付けたくて。さて、特進生のHAMAがこの世にない単語を書きました!!( ゚Д゚) Yちゃんはお利口さんでしたね。 特進生の3名に、「次は21日の火曜日だよね、確認してある?」と声をかけたところ、え?というリアクション。龍神先生が駆けつけてきて、「最新の時間割に透明な字で書いてあります」と一言。ビックリしました (*_*;   まさに“ワンセ”なひとときでした。