2020年4月22日水曜日

足立より


4月20・21日(月・火)
20日、中3特進英語&理科:今期OneSelf中3生の勉強力の強さは、特進に集う女子たちの日々の努力の在り様が主に表れたものだと言えます。コツコツとした勉強と向き合う忍耐力を持っていて、真面目です。だけど、瞬発力や発展力の面から言うと物足りない。ときどき数学でのそれを龍神が嘆きますが、今日から「物理」の基本をやり出して、早くも理解に苦しむ気配を感じました。数学だ、化学だ、物理だと言われることに諦めているのではないかな?自分の脳がそうしたものに反応するほどの勉強をしもしないで、からだにスッと入ってこないものを敬遠しているのではないかな? 数人の顔を伺い見て、そのような気がしました。誰にでも苦手はありますが、受験生になったのだから、好き嫌いには蓋をしてしまうことです。
21日、中1は、前回の英語から一週間空きました。宿題をたっぷりと出してあって、悪い予想は的中です。授業の冒頭から怒鳴らねばならないとは…。コロナの件で今の事態が始まって以来、「学校の勉強」という刺激のないことを懸念していましたが、自分に甘い子にはてき面です。家で過ごす時間がだらけ癖を増長しているように思われます。「塾の刺激」すらない子には、どうした影響が出るものなのかと想像して、とても嫌な気分になりました。そうした中で褒めるべきは、やはり今日も最新入生のSYでした。「今日やるよ」と公言していた小テストで、古い生徒を押しのけて合格でした。
中2理科は、「血液循環」に入りました。血液の成分やはたらき、心臓のつくりを学びます。授業中、白と赤という色のイメージを話題しました。私の子供時分には白は男子、赤は女子という区分があったものですが、今の子たちにはそうした観念がないと分かりました。新人美男美女を使った恋愛ドラマのパターンを話しました。「必ずのようにどちらかが――」これには皆が納得のようでした。
中2特進英語も久しぶりです。今日は小テスト3つを解いて終了。2つはレベルの高い英作文で、解説後にまとめのノートに貼らせました。3つ目は、前回の復習で「be動詞を用いた未来形」が課題でした。特進生の器量をつい疑わずにいて、点数を聞かずに回収して帰しました。今、見ると、こらぁ~Yらぁ~満点合格ちゃうやないかぁ~次ンとき再テストやからなぁ~
○中1理科、LINEでの画像問題第2弾は、前回より応募が多く9名が答えを出しました。MHKMOYHRHRSSSYが全問正解でした。抽選にてこの中の誰ぞに副賞を差し上げます。
○中2理科、LINEでの画像問題第1弾は、14名が応募し、正解はNMMYの2名、惜しい!がNWNSの2名でした。この4人から抽選にて副賞を差し上げます。それにしても、中2生諸君、ダメダメな答えもあったぞ。理科のお約束で生物名は、「人」であっても「ヒト」とカタカナでよろしくねと言ったのに、ひらがなの解答あり&仮名遣いにも間違いがちらほらありました。要反省!