2020年5月27日水曜日

足立より


5月25・26日(月・火)
「安倍のマスク」が届きました。なんて、柔らかくて優しい付け心地。塾ではだれも気付いてくれませんでしたが、皆さまのところには届きましたでしょうか?
梅雨入りが近いそうです。夜に、慌ててバイクに乗って街を走りました。コロナのことで遠出を封じられて、このところは乗っていません。雨の季節はもちろん控えねばなりません。ちょっとでいいから出ようと思いました。阿倍野を走っていると、ハルカスがニコちゃんマークにともっていました。笑顔になりました。
25日、中2特進英語&理科:「文型」を終えて「there be構文」に移りました。be動詞のはたらきの3つ目です。勉強が進むほどに、ようは判断をしろということが増えるものです。中1から馴染んできたはたらきと、今回学ぶ構文の違いを明らかにすること、前置詞の幅を広くしたいのが課題になります。 理科もまた、一旦「生物」を終えて「化学」に入りました。中1で指示薬や気体の性質やらを勉強したときに、中2の理科に続いていく「ゼッタイ」の知識だからねと強く訴えたいよいよスタートです。
中3A英語&理科:英語は「現在完了」の4つの副題の粗方が済みました。今からが本骨頂です。理科は「イオン」に突入です。 26日にB組を担当する原にエールを。イオンの解説は難易度が高く、ベテランでも生徒の力量からどう話すか、どう展開するかを迷います。イオンの理解は、話す側に難しいのだから、聞く側の生徒にはもっとです。生徒の顏をよく見て、やり取りを多くして、本当に伝わっているか、理解があるかを確かめて進んでやってほしいです。生徒諸君は、まとめのプリントを何度も読んで、頭に「?」が浮かんだら放っておかないで先生にもう一回教えてと言いましょう、知ったかすると少し先でつんのめってしまいます。
26日、中2標準理科:25日の特進同様に化学を導入しましたが、1年生時の知識がほぼなくて(まあ、想定はしていましたが)苦労が決定的です。質問に対して本日一番の勇気の持ち主はKNでした。さて、時々にこぼしますが、君たちはもはや小学生よりも受験生に近い時間軸を進んでいます。自分の将来は自分の力でもぎ取るものだよ、その甘え感は負の荷物ですよ。より良き進路のためにも、ぼっちら考えなはれ~
 明日から塾内の、プレ・中間テストが始まります。現状の生徒の学力、勉強ぶりが分かります。どうした結果になるか、しら……