2020年8月25日火曜日

足立より

 

8月24日・25日(月・火)

 まだまだ暑いですね。

小学校、中学校の短い夏休みが終わりました。そして、OneSelfの夏期講習会は、最終週です。「フィナーレは気持ちよく迎えたい」ものです。生徒の皆さん、この意味が分かりますかぁ~、いっそう気張って勉強してな~ってことやでぇ~

24日、特進英語は「助動詞」に移りました。さて、この夏とても大変だったのは、きっとNWでしょう。特進クラスへの移籍に際し、普段は標準クラスとの進度の調整補習を行うのですが、講習会中はしてやれなくて、その代わりにと、標準と特進の両方の授業を受けるよう言い渡しました。また、Wは英検の勉強も始めたので「英語」の分量がとても多くなりました。えらかったね、労ってやりたい気持ちです。もうすぐゴールだから、頑張って! さて、特進生が「塾リンピック」の単語テストを落とすと、ネチネチお小言を浴びて恥ずかしい思いをします。パーフェクトが続いているのはHAMHの2名です。標準クラスでここまでノーミスを達成中はOAのただ一人です。テストはあと1回。彼女がどうかやり切ってくれますようにと祈っています。担当の三好と、そう話しました。

中3理科は、「100問テスト」にて原を倒した名誉の3名、FHKHMAに足立賞(夏のお土産)をプレゼントしました。原いわく、授業は順調に進んでいて、今日は「仕事の原理」でした。物理の肝で難易度は高い単元です。基本の徹底理解に努めてほしいですね。原と仲良し男子に忠告。原先生にカッコいいとこ見せたければ、勉強に励め()

中3英語を通じて、「やる」と覚悟して体を動かしていると分かる生徒と、だらりとした気持ちに鞭を入れれない状態が続いている生徒との格差が大きくなるのが見えます。タイムリミットはすぐそこまで来ているのに、実感がないのでしょうね、受験生の勉強がどういうものか、分かっていないのでしょうね……私の方が超むしゃくしゃしています()

25日、小5英語にニューフェイスのSKが加わりました。他所でも英語をやっていたというので、問答無用で授業に付き合わせるスタートになりました。皆が順繰りあてられる様子を感じ取って立ち回れる賢い子のようです。 さて、小5は「英文転写」にこぎ着けました。小テストの合格者はそう出ませんが、全体的に字を書くスピードは付いてきて、授業運びがとてもスムーズになりました。そろそろ文法に触れる頃合いです。「フラッシュ・カード⑤」に今日は4名がチャレンジし、NHがクリアーして帰りました。今週の木曜日が期限、ラストチャンスです。練習してきてねぇ~、待ってるよぉ~

中2理科は「定数比」。熱を込めて説明しました。手応えは、よし、悪くない。ちょろちょろ見回って、基本的なことに理解があると知れました。今日の初見では、MYに軍配ありでした。「酸化キンゾク」の問題、「気体の発生」の問題、「やれ!」と言われた工夫、ちゃんとやりや!

中1英語は、前回が盆の課題からテストでした。難易度最強の問題()でしたので、満点は出ませんでしたが、98点で実質満点が3名。YJSYMHです。英文法にゆるぎなし!の、頼もしい答案用紙でした。 授業は「数をたずねる疑問詞」の演習。次回は講習会の最終日で、塾リンピックの満点ゴールに期待のかかる4名がいます!