2021年4月13日火曜日

足立より4/13

 

4月13日(火)

 コロナ禍の行方が見えない不安が募ってきています。ワクチンが日本に届いたときにはほっとしましたが、医療現場の実動には時間がかかると分かってため息です。

だからと言って、子どもの前に立つ者が暗い顔をしているわけにはいかないですね。張り切ろうと思います。

 さて、今日の最後の授業な中3理科でした。今期の中3はご存じの方も多いと思いますが、女子ばっかです。メイン科目の英語を三好に任せて、理科越しに少しの距離をとって接しています。

今しがた龍神と話していたのですが、私の今の愚痴は、中3の女子に気持ちを届ける手段のないことです。開校以来20年の時は私の教授力を逞しくしましたが、年々、年の差が大きくなる生徒たちとの、距離もまた大きくなってきました。

ベテラン講師はいるだけで圧力です。最近の勉強ぶりを尋ねても、彼女らには説教にしか聞こえんでしょう。怒られたと思うのでしょう。「心配しているよ」と、ただ伝えたいだけのことが何だか難しくなりました。

足立という講師の性格がイマイチ可愛げがないのもいけないのでしょう。軽やかに彼女らに近づいてやれないでいます。

ベテランだからって、しょんぼりしています。ふぅ...