2022年4月12日火曜日

足立より SHORT STORY

 

SHORT DIARY

●4月8日(金)

 春期講習会の最終日は中3の英語・理科でした。最近はよく彼らに「受験校の決定まであと8か月」だと話します。目標校に手が届く成績にまで自分を仕上げるための時間です。まだ他人事のように呑気な顔もありますが、険しい顔をつくるのは決まって勉強力のあるメンツです。「24時間-学校&学校の宿題-部活-塾&塾の宿題-就寝=○時間」を考えや、勉強にかけられる時間作りは大事やからな。

●4月9日(土)

 うららかな春の陽気に満ちた1日でした。塾の卒業生の披露宴に招かれ行ってきました。とっくに入籍済みのお2人の良き日は、コロナのために延びていました。花嫁姿が美しい元生徒と十年以上ぶりに言葉を交わしました。家族と友人の情に触れました。幸せが束になって見えるような気がしました。こんなにも豊かな気持ちになったのはいつ以来だろう…

●4月11日(月)

 小5・小6は「春の漢字テスト」3回目。今日と次週は書きとりです。結果はいかに?小5YAが3連続目の満点で、次週はパーフェクトがかかっています。そして!ナ~ント、新入生のMKがよいスタートを切りました。「厳しい塾」と聞かされていたそうですから、熱心に練習したのでしょう。

 中2英語は「第4文型」を力説。余談では「数えられない名詞の複数表現」を話しました。THは知識が多く発想力があります。sliceを言い当てました。pieceネタでは誰かがフライドチキンを例に挙げ、メガネ談では怪盗キッドが飛び出しました。おもしろいクラスです。

●4月12日(火)

 中1英語は「be動詞」のはたらきと語順を終えて、「一般動詞」に移ります。理科は「花のつくりとはたらき」が終わりました。「植物の分類」に向かっています。

 昨日、理科のまとめのノートを初めて提出させました。こうしたものには、個々の性格がよく表れます。男子はザッパー感が否めません。女子のほとんどは丁寧です。女子のノートはずっと眺めていたくなります。今回の「ベストノート賞」にはSKを選びました。