2022年4月19日火曜日

足立より SHORT STORY

 

SHORT DIARY

●4月14日(木)

 小5は最近に2人の新入生を得て、クラスの男子校化が進んでいます(苦笑)。お陰で、授業に力が要って仕方ありません。かたっ苦しいばかりも集中力が続かないので、余談の1つでもしようものなら、パワフルな反応が返ってくるものだから収拾が大変です。油断大敵とやっております。

 中3英語は「英問英答」の小テストを行いました。不合格者は授業外にて再テストを受けて合格を目指してもらいます。授業での取り扱いはこれにて終了です。

●4月15日(金)

 中2英語は「文型」のクライマックスです。躍起になっているのは私だけ?「第4文型をとる動詞」15個を覚えてくることが宿題でしたが、小テストは見事全員が不合格で、がっかりでした。土曜日に補習で再テストの窓口を開けることにしました。

 小5MEがフラッシュカードの補習に現れました。小一時間ほどで慣れて、初合格して帰りました。ヨカッタ、ヨカッタ。

●4月16日(土)

 ツツジが咲き始めています。

 3時からは小5英語の補習と自習勉強でした。新入生のMKはアルファベット、MHYAはフラッシュカード①、TMはローマ字の再テストとフラッシュカード①、THはフラッシュカード③、と、それぞれが異なる課題をもってやってきました。皆、目標はクリアーし、楽しく解散できました。

 中3特進英語の今日の課題は「代名詞」。日常会話にはよほど必要だのに、語の1つ1つに「用法」なる勉強的な側面を持たせると激ムズです。本来は慣れて身に付くとよいものだから、プリントにあった表現を基本形にして、毎日、口にするか、書いてみるかすると効き目があるよー

●4月18日(月)

 この近辺では久方ぶりに、アオスジアゲハを見ました。感激です!

 小5・小6国語は「春の漢字」テストの最終日です。25問×4週=100点で、95点が目標でした。達成者は小5YA、小6TT。8割未満は次の土曜日に補習です。

 中1英語の小テストは「書きとり」に変わりました。

 さて、中1諸君。部活動が始まり、中学生としての本格的な生活が始まります。初めは何が大変かって、未経験なことに対して「時間的な予測」がつけられないことにあくせくします。気がついたら塾の時間が迫り、気がついたら深夜になっています。宿題が終わってなーい、って慌てふためきます。中学生を賢く過ごすには「時間を惜しむ」という感覚が必要です。簡単に言っちゃえば、ボーっとしているなってことでしょうかね。