2020年8月8日土曜日

最近の出来事

  超ご無沙汰です。長丁場の懇談会が終わりました。足立が授業の現状をアップしているので私はその他諸々から。

 コロナ禍が全く落ち着きません。鯰江・菫・鶴見南小で教職員の陽性反応が出ました。今後の塾の取り組みとしてはPCR検査の対象となった同居人がいる場合は陰性結果が出るまではオンラインまたは補習対応となっています。

 授業とコロナ対策と進路指導で余力なしの状況です。コロナ休校中にモチベーションが下がった子もいます。また、明らかに集中力が継続しない子もいます。例年以上に子どもたちに話を集中して聞かせることに躍起になっています。

 そんな中で期末テストはほぼ全員が学年末よりも点数が大幅にアップ、または高得点維持。満点賞も過去最多。480点以上の学習奨励賞も過去最多。五ツ木テストに限っては緑中学の上位10人中8人がワンセルフ生。数字だけ見れば十分な結果です。受験生における過去問結果も過去最高だった昨年の子たちの数値を少し上回る子も出ており、こちらには良い報告が多いです。

ただ、高偏差値ほどの手応えがありません。コロナ禍で周りが下がったから相対的に順位が上がったのではないかと懐疑的です。これは私自身の精神的なゆとりのなさから冷静に判断出来ていない可能性もあります。私が思っている以上にみんな頑張っているということです。

 コロナに感染させてはいけないという強い危機感からゆとりがなく、授業後に残して見るよりも除菌やソーシャルディスタンスを保っているかを優先させなくてはいけない状況です。それゆえ、居残り必須の受験生以外の数学や英語は任せています。数学英語講師は子どもたちと対峙しているので、直接指導していない部分での不安もあります。withコロナの時代で再び学校が長期休校になったときの対策も考えています。気づくと考えこんで手が止まっている機会が急増中です。事務方のミスや時間割についてご迷惑をお掛けしている現状を非常に申しわけなく思っています。

 ただ、お預かりしている子どもたちのことをしっかり見るという根幹だけは絶対に変わりません。何があっても卒業までしっかりと責任を持って指導します。明日、日曜日は受験生の補習がありますが明後日からは1週間の休みです。受験生にとっては最後の長期休暇となりますので少し休息をしてください。


 

 

足立より

 

8月6日・7日(木・金)

 コロナが近くに迫ってきています。皆さま、どうかご注意ください。緊急事態宣言は、もう嫌です(´;ω;`)ウゥゥ

6日:小5国語は「Bファーム」から「瞬間記憶」と「ばらばら言葉」を試しました。瞬間記憶の問題はクイズに似たものです。リスニング形式です。連続する言葉のあとに、質問が続きます。瞬発力や回転力が必要ですが、中には「武士・大臣・忍者・将軍…今でもいるのは誰?」というものあって、楽しくチャレンジしてくれるものと思っていましたのに、小5生は空気が固く、表情がマジで驚きました。一番多く答えたのはMKで、2位はKKNHYMでした。ばらばら言葉の1位はMYHUで、得意不得意があるものだなあと思いました。

小3国語も同様です。5年生よりも制限時間が少し長くあるだけです。彼らは楽しそうでした。答え合わせは大盛り上がり。上記の質問に「将軍」と答えた子もいて、皆でびっくりしました。瞬間記憶ではYAが1位、MSが2位で、ばらばら言葉はTHが1位、YAが2位でした。答えた個数は小5生にも負けていないのが凄い!

前日の水曜日、中3英語は、授業後に少し、久しぶりに特進級の補習をしました。その面々が登塾してきたので、「はい、of をとらえる形容詞を5つ言え!」と戸口のところで質問しました。FRは「foolishfoolishと…」THも「foolishkindと…」 皆さん、「愚かな」がお好きですね。精進ください。

中2理科は激しく攻め立てました。楽しくやっていたいのですが、やはり緩みを感じる数人がいまして、強制的に進度をとると決めました。で、○ちゃんは最前列に移されました。余談にて親の愛を説きました。私のプライドを吠えました。何も届かぬ心持なら、ワンセを辞していただきたい。

7日:夏期講習会の3週目が終わりました。盆休みに入ります。でも、明日は2年生には英語の補習があり、明後日の日曜日は、朝から晩まで私は受験生とお付き合いです。

 金曜日は中1英語と理科。英語は「名詞の複数形」が山場です。今日はsomeanyを話題にしました。敵は日本語にあり!? 理解が難航する生徒が結構おります。勉強の上達は文の読解力(=国語力)を磨くとよいンですがね (;^ω^) 盆明けには「疑問詞」を話す予定です。英文の基礎が成り立ってきたので、これからは加速します。理科もまた、化学に移り、覚えるべきことも難易度も増しています。頑張りどころです。最近はSYがイイ感じです。最後部の角の座席で、半身を乗り出して授業を聞き入っています。集中力が持続しています。授業が終わるとプリントのおねだりタイムです。他の生徒を相手にしている私に、声をかけるタイミングを見計らってHRが揺れているのが面白いです。

 盆休みを前に、学年末テストで480点越えの特待生たちに金一封が贈られました。

ご活躍でしたね、中2HA,中1YJMHHR。次もまた期待しています。

 よい休暇をね。

2020年7月31日金曜日

足立より7/31

7月31日(金)

今日も、よく笑った1日でした。

中2特進英語:今日からあだ名は「サンデー」に決定した人がいまぁす(# ゚Д゚) 不定詞をひた走っています。不定詞ではなく、今まで積み重ねてきた英文法の精度の問題だと、叱らねばなりませんでした。「特進」という看板の重みを今一度考えなさい。

中1英語・理科:成長してくれたと思っていたのに、またもや宿題ができない状況に陥っている数名が気がかりです。この頃は、あまり叱り飛ばすことも少なく楽しくやってますが、それは皆さんのマナーと勉強への意識の向上が理由です。そこンとこが崩れるのなら、私の仕事は強烈なプレッシャーを押し付けることに戻すに決まっています。

 英語は、「名詞の複数形」がお題ですが、なかなかレベルの高いことを付随させて進ませています。「私は犬がとても好きです。」に、MHがナイスな質問をしてくれました。「私はよくこの店でたまごを買います。」にハイセンスな考えができる生徒が5人もいて、超ハッピーです!

 ひと休憩を終えて、教室に戻ると最前列でおままごと中のIRにビックリしました()

理科は、「物質」の演習が一段落つきました。「気体」に移ります。新しい単元に入るときは、いつもどんなことが課題なのか、何を学ぶのか、概要から話します。二酸化炭素の話になり、カチコチに固まったものを何というか知ってるか? それを水につけるあそびをしたことがあるよね、煙がもくもく生じるのを見たことあるよね、どんな風に動く? と聞くと、YJが後部座席で羽ばたいていました()

さて、「塾リンピック」の速報です。

中1は、満点続きの金メダル候補は4名。Sみ君MHKMSYです。−1で銀メダル候補は5名。OSSSMKHRTRです。

中2の金メダル候補は4名。HAOAMYMSです。銀メダル候補は2名。NWNRです。

中3は、単語が課題ではないので例年満点は難しいのですが、今年はMWが爆裂。4回を終えてただ一人ノーミスです!


2020年7月30日木曜日

足立より

7月30日(木)

どの授業も楽しくて、よく笑った1日でした。

小5国語:よく出来る彼らなんですが、妄想力=想像力=読解力はまだまだです。お隣に住むお兄さんと、もう片側隣に住むお姉さんの額からハートが飛び交っているのを見た主人公。「質問、この2人は何歳くらいかな?」一斉に探そうとするのですが、文章には載ってません。「じゃあ、この2人はどんな関係かな?」には手が挙がり、あてると珍回答が返ってきました。「きょうだい?」なんでやね~んッ! 後半は文字制限しりとりにチャレンジ。まだまだ瞬発力や発想力も足りないなと思いました。国語なんだから、レベルの高いしりとりをしようというと、困っていました。ご活躍はY君とUちゃんでした。

小3国語:宿題に出した作品には記述が必要でした。前もって「あきらめるな」と言っておきました。何か書いてあれば、ここがイイね、それはおかしいねと指導したげられるけど、何も書いてなければ何も言ってもあげられない、教えようがない、前に進まない、と。小3の彼らはとても素直で、全員が何かしら文を書いていました。そこで、次のステップです。問題文は「どのようなはたらきがあるか」をたずねています。国語にはマナーやルールがあり「~なはたらき。」とした答えを書く必要があるというお話です!質問攻めにしました。「どんな動物が好きですかと聞かれたら、犬だとか猫だとか答えないで、~な動物って言え!」A君の反応がいいです、「かわいい動物」。「どんな大人になりたいですかと、聞かれたら?」にはE君が「かっこいい大人」と答えてくれました。「どんなスポーツをしてみたいですか?サッカーとか野球って答えはナシやで!」と聞いて、H君が返したのは「あんまり動かなくてもいい楽なスポーツ」。皆で笑いました。私の解答例「超巨大な動物」「超巨大な大人」「超巨大なスポーツ」と言うのがおもしろいようでした。

中1理科:化学から「物質」の大詰めで、げきを飛ばしています。丁寧に覚えて戦える理科は「植物・動物」で終わりです。考え、資料を読み取り、計算する理科の始まりです。スピーディーに展開する演習の今日は2回目。さらに、私の解説はエキサイトしています。小さな油断でおいてけぼり決定だゾ、と脅してあります。教室をぐるり見渡すと、このプレッシャーの中、楽しそうなのが2人。MHSS。でも、計算が合わんがなッ! 明日はもっとハードですよ。

中2理科:反省しています。叱りつけたり、ぶっちゃけトークしたりが続きすぎて、授業の進みが悪いです。なのに、今日もはじめに長い余談をしてしまいました。最近、ワンセらしい一体感や頑張るぞ感が薄れて見えていた2年生。悪い空気が彼女らを取り巻いています。払拭せねば!諦めてなるものか!と、あの手この手で攻めている次第。今日、彼女らの様子を見ていて「このクラスは大丈夫だ」と思いました。授業をしっかり聞いています。Nっちゃんは質問の答えに気づき、「オーストラリア」と元気に答えてくれました。化学の基礎が終わり、難易度の高い話をしていますが、及第点の理解を感じ得ました。今晩は酸素Mの「すぐ離婚」宣言で沸きました。大人しそうに見えてKっぺもハード系女子なようです。


2020年7月28日火曜日

足立より

7月28日(火)

 ワンセの「夏期講習会」は2週目に入っています。夏は、ガツンと押し込みたいところですが、学校がまだ続いているので、宿題をたくさん出せないでいます。居残りや補習の無理強いもはばかれます。う~ん、やりにくいッ

 中3生の初チャレンジ、第3回五ツ木模試の結果が到着しました。(いいンじゃなぁ~い)とほくそ笑んでいます。私は早くから「チームA」で英語も理科も基礎固めと復習の大事を訴えて課題にしています。土曜日の補習では五ツ木の過去問を解きます。その結果は、懇談会の資料として配布しました。私の担当する英語と理科で言えば、ワンセ生はやはり強いです。出来ます。どうだ!と叫びたいです。ただ、今回の五ツ木はコロナ禍の影響が、受験数や受験した生徒の学力にはあったと見ています。また、受験の資料にはなり得ない回なので、今後に期待す!というところです。

 中2で怠け癖が身についてしまっている一部の生徒が、私の心配な域を超えようとしています。どうした言葉をかければ変化のきっかけになるのか、ベテラン講師であっても難問です。おどしてもすかしても、うんうんと頷くのは上位層の生徒ばかりです。塾ですからね、お勉強のことをベースに話題せねばなりませんが、受験に向けて走り出すにはそろそろでないと、間に合わない先がもうありますね。

 中1生とは、最近は楽しくやっています。今日は英語でした。よく出来る生徒が多いので、レベルの高い問題に着手できますし、細かな英語のルールを話してやれます。今日はFRがある意味爆裂でした。彼女は私の妄想力よりもグンと上を行く人だと分かりました。

 小5英語もいい感じが続いています。今は、英文を転写したり、長い文章を音読したりしています。勉強欲と集中力のある子が多いので、楽しいです。


2020年7月22日水曜日

足立より

7月22日(水)

 20日、月曜日からOneSelfでは夏期講習会が始まりました。コロナによる学校への影響はありますけれど、私はウイルス対策には神経質でありつつも、塾の在り様としては極力平静でありたいと思っています。今しばらくは、生徒たちに窮屈な思いをさせますが、塾の本分は学業の徹底ですから、そこんトコロを大事にして夏を過ごしたいものです。

 懇談会が始まっています。龍神に任せっきりです。小学生と中1には塾の成績(小テストや提出物の状況)に寄せて個々にコメントを書きました。辛口ですよ(笑) 中3は五ツ木過去問と長文対策の結果を個々に出してあります。中2の英語と理科もございますが、個々のお仕度はありません。お持ち帰りは、コピーでよろしければお申し出ください。

 学期末テストの結果がほぼ出ました。遅れを取り戻そうとする学校の進度がどの学年も猛烈であると知り、どんなテスト内容になるのか不安でたまりませんでしが、よい勉強に耐えて努力に実りのある結果であった生徒が大多数です。ホッとしました。その1つ証拠に、満点賞が過去最大数出ました。14名です。480点越えの特待生賞も4名いて、表彰に予算の掛かることと、嬉しい悲鳴をあげています。お盆休みの前には、表彰式と記念撮影をしたいものです。

 さて、懇談会は受験生(中3)からスタートしています。三者面談です。もちろん受験をどうするかメインテーマです。話し合いを経て、刺激を受けて、私のもとにも個々に相談しにくる生徒が毎日です。相談の内容が正当である生徒とは、勉強の課題を明確にして「交換ノート」を始めています。

春の長いお休みの間に、モチベーションも実力も下げてしまったなと感じています。受験は一部出題されない内容があると決まっただけで、もうすぐそこまで迫っています。四の五の言っておりようもないはずの今日、明日、明後日です。

 


2020年7月17日金曜日

続・期末テスト速報

 中1は100点ラッシュでした。延べペースで2人に1人は100点getです。易しいとはいえノーミスは素晴らしいです。480点超は緑HARと鯰江MH。あと1問で達成できたのが緑SSIR。小学生の頃負けていた子に勝つ、という一つの目標は達成できました。中2は緑SEも満点の報告。特進満点率は75%です。その名に恥じない結果ですね。また、緑NWが良い感じで努力をして伸びています。緑HAが480点超。中1と共に学年トップの可能性充分です。それでも本人はミスが悔いられるようで、その向上心が素晴らしいです。中3は緑SKがまだまだ上昇中です。C問題対策に本格的に入るのは8月お盆明けぐらいですが、それまでに基本は確立できそうです。ここにきてモチベーションに大きな差が出来ています。昨日、急きょクラス分けを決定し上のクラスと下のクラスの比は1:2のなりました。前回中学生で習う公式の一覧表を配布し、それを用いる小テストの結果でクラス分け。英語理科も同一にする予定でしたが、アンバランスなのでほぼ半数になるように異なる編成にしました。国語数学社会はいつでもクラスが上がれるように考慮した内容にします。レベルの差ではなく意識の差の結果、点差につながっている感じです。

 さて、明日からの懇談会に備えて準備がほぼ終わりました。急ではありますが、ご希望があればオンライン懇談も承りますのでおっしゃってください。