2022年8月10日水曜日

最近の出来事

 1945年(昭和20年)の今日、長崎に原子爆弾が投下され尊い命が奪われました。コロナ禍が少し落ち着いた時期に初めて広島の原爆ドームに行き、戦争の惨禍を資料で見て、出来るだけ多くの若者にこの現実を知って欲しいと思いました。国語・社会を教えているので、歴史的背景や当時の価値観について話すことが多いです。悲しいことに日本人でありながら終戦の日を知らなかったり、日本国民憲法の三大原則(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)日本国民の三大義務(教育の義務・勤労の義務・納税の義務)を知らなかったり。高校生・大学生になるにつれて外国人と話す機会が増えれば、日本の歴史や文化について必ず聞かれます。そのとき、外国人より日本人のほうが日本について知らないことが多くなると、さすがに恥ずかしく思います。

さて、今日はお盆前の最終日。とはいえ、明日も補習日として昼から夕方までは開いています。曜日の巡りで中2は今日からお盆休みですが、昼間から横堤WS、緑TH、鯰江KYがやって来て宿題をしていました。今日一日で終わる量ではありませんが、ワンセで集中してやれば効率は良いでしょう。ちなみに受験生は3時から来て課題をやる子、プラスアルファをやる子がいます。ただ、実力対策として社会理科をこの8月はしっかりして欲しいと思っています。週1以上のペースで言っていますが、どこまで通じているのやら…。

小学生では5年生が想像以上に算数で忘れていることが多く、ルールが定着していないのだと実感しました。倍数・約数・通分・約分の復習の量を急きょ増やし、夏休みの予定を少し変更しました。YATHにとって良い復習の場となったようで、算数のルールについて整理できたようです。6年生は計算ミスが目立って減りました。やり始めの頃は正答率が6割前後だったのが、ほぼノーミスになっています。制限時間内に全て解ききることが肝要ですね。TTは一問毎に一喜一憂するので、もう少しゆとりと自信を持てばいいのにと思います。MOはスピードが速くなり出来ることが増え、努力の跡もしっかり伺えます。UMは算数が得意でTTと刺激を受け合って欲しいと思っていたのですが、少しずつ実現できているようで良い感じです。

受験生は演習ノートの仕上がりにバラツキがあります。A~Eまでの評価をつけて返却していますが、実質B+が最高でBを取れていれば悪くない、という評価にしています。安定してB+だった子が少し時短してBになったりしています。それでも復習効果は実します。小テストの結果はペナルティから演習ノートに変えてもいいのではないかと思案中です。過去問では数学国語で安定して点数を取れる子がまだいません。社会は緑SSYJが悪くない状態。でも、悪くないだけで助けてくれる状態ではないので今後更なる覚え込みが必要です。安定して偏差値70を超える状態に仕上げていかなくてはいけません。ちなみに自宅受験でなければ緑中学のトップで10人中9人がワンセルフ生でした。早めに入試状態に突入している分、今後の伸びが非常に楽しみです。腑抜けた子がいないので、勉強する雰囲気や状況は揃っています。

2022年8月6日土曜日

最近の出来事

 最近、塾の中が明るいです。笑い声が溢れており、コロナ禍であることを忘れさせてくれるような雰囲気です。子どもの笑い声は本当にいいですね。

さて、今回は授業の出来事から。小5算数は計算特訓と復習モードの徹底中です。小数点の移動が最大の肝ですが、反復練習で何とか理屈で理解できたように感じます。あとは制限時間内に確実に合わせることですね。珍しくYAが不調でしたが、忘れていることが分かったのは良い収穫でした。約分・通分の復習を徹底して二学期を迎えないとこれから大変になるので、時間がる今の間にしっかり勉強していきます。

小6算数も5年生同様です。ただ、レベルの高い計算問題を解くと正答率がかなり低く、危機感を覚えていました。授業後に間違い直しの途中式を見ていると、かなり雑で間違えて当然だと感じました。夏休みに入った当初は四苦八苦していましたが、少し正答率が上がったのでレベルを上げると再び間違いが増えました。そのレベルを繰り返していると、ようやく時間内で全員合格できたのが8日でした。努力は裏切りませんね。

中1は夏期講習のみ数学の一部を担当しています。例年よりも記述力があることが改めて確認できました。数学力では飛びぬけて出来る子はいませんが、全体的に悪くないのでこのまま秋以降も少しレベルの高い数学を補習としてやっていこうかと思っています。夏恒例の塾リンピックでは、なかなかしっかり家庭学習している子が多いのと、ノー勉の子があまり感じられないのが良いですね。緑NHが数学の文章題では悪くない閃きがあります。

中2は可もなく不可もない状況です。緑TSが壁を乗り越えつつある感じ。努力は塾内でも上位なのに満足のいく数値ではなく悔しい思いもしましたが、このまま頑張れば二学期中間の結果が楽しみです。ただ、特進数学は絶賛苦戦中なので、こちらも早く突き抜けていきたいものです。

中3は受験生らしい雰囲気になりつつあります。数学の演習ノートの提出を義務化しており、自主性を刺激するにとても良いです。お盆の宿題を三種類用意し、自分がやりたいものを選ばせたところ、ほぼ全員私が思っていた種類のもを選びました。楽をすることも出来たのですが、自己分析ができていることを嬉しく思いました。更には、プラスアルファを自主的に申し出た子もいます。たまに中1中2の数学をすると3年と意識の差を痛感し、早く1年2年にも自分で考えて勉強できるようにしなくてはと思っています。主体性を養うための訓練中です。

過去問において結果が出始めています。お盆前だという点を考慮すると悪くありません。そんなことを言っておきながら、油断する子が出てきて再び嘆くというのはもはや風物詩です(笑)ちなみに数学の及第点として鯰江TR社会では鯰江SYも悪くありません。全体的にじわりと上がっているのが緑IS、OY。ここにきて緑SYも悪くないのですが、あまり褒めると…なので軽く褒めておきます。

2022年8月4日木曜日

足立より ~SHORT DIARY~

 

SHORT DIARY

●8月1日(月)

 日頃にはない刺激を「夏休みなので」と、5年・6年合同で授業をしました。「Bファーム」という頭の体操から、「違和漢」「ばらばら言葉」の3回目です。合計得点に目標はありましたが、案外むずかしかったのか、クリアーできたのは小6TTのみでした。彼女はおっとりさんなんだけど、小5生といるとお姉さん(先輩)感がにじんでいました。

●8月2(火)3日(水)4日(木)

 小6英語は私がとても満足しています。けっこう難しい話をしているんだけど、届いています。小テストも申し分ない結果です。

 今日の小5生は英語の勉強が不十分でした。「月・曜日・季節」は取っつきやすいはずなんですが、小テストが合格ですっと帰れる権利を得たのはYAのみでした。さあ、そして、単語を覚えるマジの苦労のスタートです。

 中3英語は「構文的不定詞」の1つ1つが終わり、総合に着手。スピーディーな判断がを求めます。理科は「仕事」に移りました。基礎プリントで攻め立ててみましたが、思いの外手応えが良かったです。

 お盆の宿題は量もあり、レベルもそこそこなので、「ドリーム・タイム」の提案をしていますが、ご利用を訴えるのはIRだけという寂しい状況です。ホンマに手助けせんでええんかーッ?

 中2英語は特進参加者が増えて、クラス全体の理解がにわかにたくましくなりました。少し前まで勉強に気がのらない様子が透けて見えていてムカついておりましたが、きちんと彼らに向き合ってやってみようよと話せたのがヨカッタようです。

 中1理科は「溶解度曲線」の演習でした。そもグラフの読み取りが苦手ではキビシイ単元です。今日は少し複雑な問題にもトライしました。

2022年7月30日土曜日

足立より ~SHORT DIARY~

 

SHORT DIARY

●7月28日(木)

 小5英語は今日も元気いっぱいでした。先週の「マップ・ウォーク」が楽しかったMHがみんなにやたら話していました。みんなの興味度がアップしました。近いうちにやりましょうね。

●7月29日(金)

 中学生の夏休みは予定がいっぱいですね。習い事、発表会、家族旅行、etc…。今日はお休みがちょっと多かったです。でも、当然、出席者ファーストでなければなりません。しっかり進みました。お休みした人は、次に塾に来たら必ず足立に声をかけること!

●7月30日(土)

 補習日。1時からは中2特進でした。今日からTSMSが加わりました。さて、「文型」を掲げると、足立の熱は上がります。難しいことをやらせていますが、沁み始めてきたように感じます。出来っぷりがよくなりました。特に、IHOYですね。

 3時からは中1でした。「単複」が当然になるには、相当量の訓練が必要です。ISMKNYMNMYが頑張りにきました。

 中1も中2も、今日勉強しに来た特典に、お盆の宿題を先行して配りました。一部、解説付きで一緒に解きました。

 

 さて。全国学力テストの結果が発表されました。我らが大阪は……小中共に平均点を上回れる科目はなく、順位は最下層です。

 それにしても、昨今は全国的に「理科」で苦戦する子どもたちが多いようで、平均点自体が低いのです。理科に興味が持てないのでしょうか。日常的なことにしても地球的なことにしても知識が少ないということで、私はヤダなーって思います。

しかし、「ワンセ生にはない話」です。中3は実力テストですら学校平均点+20~40点を取ってきます。最近に五ッ木模試の結果も出ましたが、(理科も、ちなみに英語も)塾生の平均は全体の平均+15点でした。

どうだーッ!!

最近の出来事

 全国学力テストの結果、大阪府は全国ワーストの汚名を完全に払しょくすることはできませんでした。これは、毎年小6、中3の国語・理科・数学(算数)を対象に行っているものです。ただ、沖縄に次ブービー争いを続けていた頃よりは少しマシです。それでも小学生理科がワースト、その他教科も下から数えて数番目なので大阪の学力の低さは目立ちます。政令都市(人口50万人以上の市)のデータでも大阪市は小学生の3科目合計でワースト、中学生は辛うじて北九州市に次ぐブービーの可能性が高いです。学力が際立って低い区があることが大きな原因です。また、府内でも学力差が激しく著しく低いエリアによって平均点を下げられています。

かつて、橋下政権下で学テを内申資料にした年があり、その年だけ大きく平均点が上がりました。つまり、モチベーションで点数は大きく変動するということです。過去問を解いていても気持ちが入っていないとミスや復習不足が目立ち、それを注意するとその次のテストでは平均点が10点ほど上がります。宿題や課題もこちらが細かくチェックしいてるときは丁寧にしてきますが、少し管理の手を緩めると子どもたちはすぐに手抜きします。

さて、今日は受験生の出来事が中心です。ここにきて緑SSがようやく悪くない結果を納められるようになってきました。数学の演習ノートは緑KTが最も良いです。天狗になったのか、土曜日の過去問結果は歴代平均を下回ったのは彼らしいところ。緑OYが着実で出来る問題を増やし、力をつけています。地道な努力の継続が実を結んでいる真っ最中です。数学では緑MR、鯰江TRの解答用紙に良いものを感じる機会がしばしばあります。まだ結果には出ていませんが、今の姿勢を継続したら11月ぐらいには良い思いを出来そうな子も目立ちます。


2022年7月27日水曜日

足立より ~SHORT DIARY~

 

SHORT DIARY

●7月26日(火)

 ふむ…今日の中3はいけませんでした。彼らに「何の努力も見られないことはない」ですが、先週の英語・理科の「復習は何もしていない」のです。塾リンピックの意識が低いのです。復習や(覚え込みの)課題を、宿題だとは思っていないようです。もっともすべきこととは未だに知らないようです。

 進学説明会で文理に進学した先輩のスピーチ、聞いていましたか?「復習の有効性」を話していましたね。勉強力のある人と今の君たちとの決定的な違いです。

 理科は「力と運動」の基本的な演習問題から復習を始め、本格化し始めています。現時点の手応えではSYが突出しています。&IMMHが本日の1等賞でした。

●7月27日(水)

 小6のお嬢さんたちは今日も素晴らしかったです。「返事の仕方」の小テスト×2枚が軽やかに満点合格でした。暑くて蒸す不快指数の高い今日、教室にはさわやかな風が吹いている心地でした。今日は「名詞の表現」を話しました。

 中3はほどなく英語も理科も、演習問題が有効な者と、基礎知識の徹底暗記が有効な者とに、クラスを二分しようと考えています。

 英語も理科も小テスト三昧にて理解度をはかりました。IRが昨日から今日にかけて理解を深めてきたと分かる解きっぷりでした(ほっ)。

 今、皆の小テストを見ています。どんなことが引っかかりなのかを確かめて、授業のレベルや方法に換えねばなりません。

 あれ?理科の小テスト×3枚がパーフェクトじゃないか、YJ&緑SY。本日の1等賞です。明日中に足立に声をかけにきたら、副賞をお渡しします。

最近の出来事

 暑い熱い夏期講習会の真っ最中です。夕立(?)はあるものの暑さにやられそうです。そんな中、ワンセの講習会も真っ盛り。

まずは小学生。5年生は小数点の移動があやふやになる時期です。小数同士の割り算を習うと小数点のルールがぐちゃぐちゃになっている子が非常に多いです。計算特訓をすると、それが顕著にわかります。掛け算・割り算が混じり、四捨五入・あまりのどちらでもとめるのかを考え、使いこなせないと間違います。1回目は正答率が半分を切る子もいましたが、後半では10問中1問間違えるかどうかまで正答率が上がりました。5年のこの時期に頭でしっかり理解できていないと6年生以降で大きくつまずくきっかけになります。厄介なのは学校は単元ごとのテストなので、その時々では悪い点数にならず、高学年になってから「小学生のときはできていたのに」となるパターンです。

6年生も同様に計算特訓中です。7/27(水)からTTの要望により(?)計算のレベルをあげることにしました。中学受験レベルで難問ですが、TTは初日から全問正解がありました。このレベルのノーミスはかなり立派です。全3回中TTUMがノーミスがありMOはしり上がりにミスが減りました。短期ですが、講習会の手応えを5年生同様感じています。

中1は方程式の文章題をしました。数学では( )の使い方についてよく話します。小学生の頃は( )の中を先に計算することしか習いません。使いこなすことによって、解法の解説や証明では非常に有効的です。逆に数学が理解できていない子ほど( )のことを意識しません。「答えは同じだからあってもなくてもいい」と思っているのでしょう。どうしてその式を導いたのかを相手に伝えるときにシンプルで便利なものです。ちなみに緑ISは常に意識しているようで今後の伸びが楽しみです。あとは上手に説明できれば完璧ですね。「なぜ」を大切にしてきた子には当たり前でも逆の子には難しい話です。使いこなせたときに役立つのは高校生や大学生になってからですが。

中2特進数学を夏から開講し関数の応用問題をしています。緑IHOYは順調に出来ることを増やしてきたようなので、これからは応用・発展へとつなげていってください。緑TSは姿勢も集中力も努力も申し分ないので、あとは結果を出すだけです。社会では良く話を聞けています。小テストの結果も悪くありません。上を目指すと物足りないですが「最低限度」のレベルは高いところでクリアできています。

中3は勉強している組とそうでない組の差が日増しについています。復習と間違い直しの重要性を説いても全員には伝わっていません。今までは間違い直しの確認(演習ノートのチェック)はしないと言っていましたが、大人気の関大北陽やとんでもないレベルの公立を志望校している人が多いので、管理することにしました。数学は出来てきたので、明日からは社会の演習ノートの提出も義務化しようと検討中です。菫MNを数学で褒めようとした日に国語でとんでもない点数をとったので±0でしょうか。緑OYが高めで安定した結果を出しており、ここにきての成長を感じます。ちなみに数学の演習ノートは意外なことに(?)緑KHがダントツで良い勉強結果を残しています。