2021年4月12日月曜日

足立より 4/12

 

4月12日(月)

 昨日の日曜日に、中1生にLINEである問題を出しました。

日曜日が晴れるのは久しぶりのことで、愛犬と長い散歩に出ました。小さな犬の歩く様を見れば、自然とその足元の草花が目に映ります。彼らが理科で学ぶ「雑草」が生えています。10種の写真を撮って「これ、な~んだ」と送りました。正解者には、お土産プレゼントです。ちょっと難しかったかな?全問正解はOYのみ。惜しい解答がWS。この2名に差し上げました。

●中1英語:単語の練習、出来ていません。テスト結果が非常に悪い人がいます。ちょっと怒ってます。

●小5国語:今日から、私が彼らの国語を担当します。テーマはあまりに幼さの脱却です。英語をやっているときとは違って、厳しく、漢字勉強不足も、持ち物のルーズさも問い詰めました。毎週、毎週、賢くなって帰りましょうね。強くなって帰りましょうね。

2021年4月9日金曜日

足立より 4/9

4月9日(金)

 なんで!どうして?やっぱり私なのだぁぁぁぁ

 超ド級モテ講師足立です。本日、課題ビンゴの「じゃんけん」を挑んできたのは4名。2勝2敗でございました。中1アキ子と中2MHは大喜びです。念のために申し上げておきますが、私の勝率はざっくり50%です。

 それにしても、気になっているのは「宿題忘れなし」のことです。この項目は普通に頑張っておれば当然クリアーされるべき課題です。でも、残念なことに、この項目に既に×をつけた生徒の数が日に日に増えています。いや、アカンやろ? 背景にイベントがなくても、ワンセではアウトなことです。

 ちょっとね、皆さん、自己管理の面でご自分を見直してみませんか? 

2021年4月8日木曜日

足立より 4/8

 

4月8日(木)

 桜は過ぎてしまったようですが、ツツジの季節、ツバメの季節の到来が近いようです。

●小6国語:あ~(≧◇≦) 課題ビンゴに「春の漢字テスト」を選んでいる人、多いじゃん!なぜもうひと踏ん張りしてこなかった! MKKKNHSKが頑張れています。来週も満点合格だと課題クリアーです。期待してますね。

●小4国語:だ~(≧◇≦) 彼らも「春の漢字テスト」は本日の書き取りクリアーならず……う~ん。次は熟字訓で戦おう!

●中1英語:新課程を意識して、リスニングやトーキングを重んじる授業展開をしてきましたが、ぼっちら「文法」で攻めます。今日のリスニングの珍回答、○○く~ん、「オートレリア」ってどこですかぁ~(*´▽`*)

2021年4月7日水曜日

足立より4/7

 

4月7日(水)

 春の交通安全週間が始まったようです。町に出張っているお巡りさんの数が増えたように感じます。夜中に帰路をスクーターで走っていますと、警告灯をクルクルさせたパトカーが距離を置いてついてきます。(暴走族臭が漏れてるのかなぁ?)

●中1英語:龍神と中1談をすれば「骨が折れますよね」と、二人で苦笑いです。毎年のことです。一人として諦めずに進むには力が要ります。さっき、昨日の英文転写の宿題をチェックしました。6名がアウトです(怒怒怒怒怒)。「スペル間違い」「ピリオドなし」「疑問文なのに?で終わってない」「連単語の練習で『~』や『…』がない」「単語と単語の間が小文字一字分空いてない、もしくは、空きすぎ」「解答欄めいっぱいに字を書く」 

 彼らは、「しろ」と言われたことはしない、「するな」と言われたことをする、かなりなあまのじゃくです。小さなことだと自分を許す甘えたちゃんです。

 学校は、こんなにも細部まで見ません。注意してくれません。そうなさるゆとりを持ち合わせておられません。身についているか、身についていないかの確認は、日常的な小テストや定期テストを通じて調べ、点数を出し、個々の結果に序列やランクをつけるだけです。

 ワンセは許しません。小さな緩みが、今ではなくて、1年か2年先に大きな欠点となることを知っているからです。だから、声を大にして訴えます。「ゆ・る・し・ま・せんッ」

●小5英語:今期の彼らは字を書く速度の遅いこと。練習不足だこと。総じて、なんと幼いこと。のんびりやゆっくりは決して悪いことではありませんが、パワフルな勉強に向いていないということは否めません。私としては、もう少し手応えのある状況にしたいと考えています。「漢字の書き取りテスト」のお勉強してきてください。「ローマ字」の練習してきてください。「フラッシュ・カード」のテスト受けてください、意識してください。お願いごとだらけです。

●中2英語:クラス全体の英語力は、今年の彼らも高くなりつつあります。私の自慢、ワンセの自慢になり得てくれそうです。「勉強がもっとできたい」と望んでいる生徒数が多いように感じています。だから、春期の後半は無理に先に進むのではなくて、解法力につながる知識が増えればなと「文法」をぶっています。今までの総復習でもあります。この土曜日には、意識の高い生徒たち(参加は自由)と、英語三昧の補習を楽しむ予定です。彼らの要望です、素晴らしい申し出だぁ! By the wayKW、四十肩、お大事にね♪

2021年4月6日火曜日

最近の出来事

 今日は中学校の入学式でした。ご入学おめでとうございます。残念なのは葉桜になっていて満開の桜との記念撮影ができなかったことです。反面、午前中は雨が降らなかったのは良かったです。ところで、懐かしい卒業生とのやり取りがとても楽しい。例年だと成人した男性なら飲みに、女性ならランチに誘うことが多いのですが、コロナ禍なのでままなりません。

 さて、最近の出来事は小5から。3月から春休み限定で引き受けていた国語は「答え方」の徹底と漢字テストへの取り組みの甘さが気になりました。春休みが終わると足立に委ねるので鍛えてもらおうと思います。算数では多角形の角度について解説。今週の内容はなかなか定着が良かったです。

 中1は例年通り快調に進み四則混合が終わったので、ほぼ中間テストの内容までは終了です。計算ミスの多さは気になりますが、月曜日の小テスト3本中全部不合格だった子がお呼び出しの対象となりました。鯰江KYが正答率の最も低かったテストが満点、単純計算問題が大量間違いという出来ているのか、そうでないのかよく分からない結果でした(笑)今日はおめでたい日なので、できるだけお呼び出しは避けるため多めにテストをし、基準も甘くしたのに残念です。理解度だと緑OYが良いのに小テストでは常にミスをし、追加問題やお呼び出しの対象になることが続いています。もったいない…。逆に菫OMは火曜日ノーミスで早々に帰れました。緑FHは春休みの予定が多いらしく、演習不足が少し懸念されます。頼もしいのは女子。姉が卒業生で、やっていけるか散々話し込まれて入塾した横堤WSはとても良い状態をキープしています。緑IHと共にしっかり頑張れています。頑張りだけなら前述のOYも悪くないのですが、もったいないやらかしが玉に瑕です。まあ、努力が一番大切なので、男子では最も及第点です。菫KNも同様でやる気はあるものの少々ミスが気になります。それでも丁寧に課題に取り組む姿勢は良いです。

 そろそろ学校が始まるので、ワンセの手綱は少し緩めていこうと思っています。3月から頑張っていた成果は必ず1学期中間テストで出しましょう。出せないときは私の責任ですから。

2021年4月5日月曜日

足立より 4/5

 

4月5日(月)

 今日は少しひんやりします。風邪でもひいたのでしょうか、熱や腹痛を訴えた欠席連絡が何件かありました。あさってには新学期が始まります。「始まり」の節目です、元気よく登校してほしいですよ。

●中1英語:楽しく、厳しく進んでいます。小学生英語から付き合いがあり、英語にアドバンテージの多い生徒らは、今はまだ英語が最も楽ちんな教科だと言うでしょう。英語の苦しみはもう少し先にあるので、英語にゆとりのある人は、数学と理科の勉強に力を入れるのがお勧めですね。

 授業後のミーティングで、中1生のことはよく話題になります。「頑張っている」「努力がある」と近頃もっぱら話題になるのは、WSIHそしてNYです。女子に偏っているのは寂しいです。お~い、男子、カッコいいとこ見せておくれ~、頼むよ~アキ子、君は古株なんだから、皆を引っ張っていく立場だよ~

●中3理科:「生殖→遺伝→進化」のフィナーレです。最近は彼女らを受験生と呼んでいます。「受験生、中3理科の大きな単元がひとつ終わりますよーッ!」「受験生、次は化学ですよーッ!」「受験校の決定まであと8か月ですよーッ!」

 今回と前回は小テストがありました。満点合格を2連続でゲットした生徒にSEMSがおりますが、両名、理科をチョイスしていなーい!? なんでーッ!?

 今日も「じゃんけん勝負」を挑まれました。中2KTMTに負けました。女子は返り討ちにしちゃいました(;^ω^) ところで、KT君に、「なぜ私(足立に挑むのか)?」と尋ねましたら、「え、と。ほら、アレですよ。ドラゴンボール風」と返ってきましたが、何のことか分かりませぇぇぇぇんッ!

 

初代(今年36歳)~4代目卒業生(今年32歳)

 創立20周年に備えて、絵馬を見ました。久しぶりの名前を見たので、初代~4代目までを思い出してつらつらと書きます。

 第一号は通りすがりの看板を見て来られたOM。開校後、すぐに軌道に乗ると甘い夢を見て集まったのは中3TK、KK3名のみ。その後、GW前に小6TYが入塾。そんな「アイス好きな防空頭巾の子」も今は立派な社会人で新しい家庭を築いてます。本当に現実を思い知らされた苦しい立ち上げでした。今津中3人組が来て塾の雰囲気を明るくしてくれました。3代目は鯰江NKHRなど芸術肌の女の子と鯰江KY、緑TA、NYIM、USなど体育会系の子が入り乱れ、塾内でのカップルもチラホラ見られた時代。若さと勢いで走っていました。あれ、今と変わりません(笑)テストの日は朝6時から勉強したり、オールナイトで勉強したのも良い思い出です。開校1年目からの卒業生は格別です。初産と同じで、初めての子は「あれもこれも」とマックスを望み必死でした。2人目3人目の子になると可愛さは同じでも要領が分かってきます。

 そんなことを言いながら、レギュラー授業は減っているのに通塾時間は年々長くなるという現象が続きました。みんな同一カリキュラムをこなすことの不合理を感じたからです。今のように全員一斉授業はほどほどにして習熟度別に補習するほうが効果的です。試行錯誤を経て、今や受験生は週3,40時間通塾するようになりました。旧校舎は5年半稼働で、1年目に「ワンセってどこにあるかわからん」と言われ、「誰にでもわかる場所に移転する」と宣言したら笑われました。開校時にTVCMをする(ぐらいの塾になる)と言ったらやっぱり笑われました。でも、言ったことを諦めたことはありません。具現化したときは自己満足でいっぱいでした。夢は努力で実現するものですからね。

 思い出が止まらないのでこの辺で…